現在位置 :トップページ議会からのお知らせ

【議会運営等改革検討会】
第2次中間答申書を議長に提出

 11月21日、議会運営等改革検討会の江頭会長(写真右)から黒田議長(写真左)に対し、第2次中間答申書が提出されました。

【答申事項】
 議案質疑

【答申内容】
 「一括質問一括答弁方式とし、質疑する議案の数にかかわらず、ひとりの議員の発言回数は3回まで」とする現在の手法では、2以上の議案に対する質疑が行われる場合、質疑と答弁が混在し、議員・執行部はもとより聞いている市民等にわかりにくいと思われるため、「一括質問一括答弁と一問一答の併用方式とし、質疑する議案の数にかかわらず、ひとりの議員の発言回数は、一括質問一括答弁を1回、これに続き行う一問一答を通告した項目ごとに2回まで」とする手法に改めるべきである。

【附帯意見】
 答申した手法では、質疑する議案の数によっては、登壇回数の増により会議時間が長くなることも想定されるため、議案質疑のあり方(一般に、議案に対する疑義を質すもので、個人の意見は質問を補足するために必要な範囲で認められ、賛成・反対の意思表示を認めるものではないとされる。)を議会として再確認し、簡潔・明瞭かつ効率的な質疑を行う必要がある。

 第2次中間答申書  (PDF 210KB)

答申書提出のようす

議会運営等改革検討会とは

 議会運営等改革検討会は、議会改革の継続的な検討を行う会議です。

 平成25年10月の改選前に設置されていた「議会のあり方検討委員会」では、佐賀市議会基本条例に基づく議会運営等について協議されていましたが、その第二次答申書の附帯意見で「議会運営等改革検討会の組織、運営等を見直し、議会のあり方検討委員会で協議できなかった事項を引き継ぐこと」が求められました。
 このため、佐賀市議会会議規則の改正によりこれまでの委員構成等を見直し、平成25年12月17日に新たな議会運営等改革検討会が発足しました。
平成26年11月25日更新
Copyright(c) 2014- 佐賀市議会公式サイト Saga City Council. All Rights Reserved.